お金が還付される?

納め過ぎた税金が返ってきます!

確定申告をしなくてもよい場合でも、源泉徴収された税金や予定納税をした税金が納め過ぎになっているときには、還付を受けることができます。

納め過ぎになっている可能性がある方

源泉徴収されている方
  • 10万円以上の医療費があった方
  • 住宅ローンを組んだ方
  • 災害にあった方
  • 会社を年の途中で辞めた
  • 年末調整の後に子供が生まれた

など

予定納税されている方 確定申告をする必要が無くなった方など

上記のような方は、確定申告をすると税金が返ってくる可能性があります。

一度、納めた税金を返してもらうためには確定申告をしないといけません。

知らずに申告を行わないでいると返ってくるはずの税金が納めたままになってしまいます。

還付を受けるための申告については、納め過ぎていた年の翌年1月1日から5年間提出することができます。

上記に心当たりのある方は、お気軽にご相談ください。