ためばな | 京都府向日市の税理士事務所 谷税理士法人

0120-927-578 お電話での受付時間 平日9:00~17:00
お問い合わせ

ためばな

谷税理士法人のためになる話「ためばな」。当事務所のスタッフが朝礼時にスピーチした「ためになる話」をご紹介しています。

ためばな一覧

「ためばな一覧」の記事を表示しています。

「5G」まであと1年

最近話題となっている通信規格「5G」が2020年を目途に導入されようとしています。
そこで、「5G」という言葉をよく耳にはするけれど意味が分からない、という人に向けて
ざっくりお話しようかと思います。
 
まず、5Gとは「5th Gereration」といって、第5世代移動通信システムという意味です。
 
今普及しているスマホ等のデータ通信には第4世代(4G/LTE)が使われています。
2015年頃から使われ始め、これによって超高速のデータ通信がワイヤレスで通信でき、高画質の映像の視聴などもできるようになりました。
 
ところが、今世界でIOT、様々な「モノ」がセンサーや通信機能などでインターネットに接続される仕組みが進んでいます。
将来的には家の中の家電製品やセキュリティカメラ等が無線でつながれ、今話題の自動運転の車や8Kテレビ放送にもネットワークが使われると言われています。
 
このように、様々な分野でネットワークでのデータ通信量が増えた場合、
2010年と比べると約1000倍、2015年と比べても約7倍に増えると予想されています
 
そこで、通信業界の各社は2020年(つまり来年)に向けて新しい通信規格を導入しようとしているわけです。
 
5Gは現在の4Gと比較して、
①通信速度が約10倍(現在の1Gbpsから10Ggps)
②消費電力は2~3分の1
③遅延は10分の1
④接続機器数が約100倍
になる、と言われています。
 
これが私たちの業務にどれだけ影響を与えるかはまだ未知数です。
とはいえ、新しい通信環境に合わせた、今とは全く違うサービスを開始される方も出てくるでしょう。
今回は5Gを紹介しましたが、時代とともに変わる仕事や価値観にもしっかり対応できるように、常にアンテナを張っておくことも大切と思います。




本日の発言者:山脇
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

インフルエンザウイルスについて

本日はインフルエンザのことについてお話します。
今年のインフルエンザの患者数が統計開始以来、最多を更新したと
発表されました。

インフルエンザウイルスにA型とB型があることは皆さんご存知だと思いますが、A型には「AH1pdm09」と「AH3亜型」という2種類の型があるそうで、今年はこの2種類のA型がほぼ半々の割合で蔓延しているため、インフルエンザA型に2度かかる人もいるそうです。これはA型という分類は同じでも分子構造が異なり、それぞれに対抗する抗体も違うからということです。

ちなみに、インフルエンザワクチンはA型の2種類もB型もカバーしているので、一般に発症予防効果は4~6割程度、重症化予防効果は7~8割程度あるそうです。
繁忙期はまだまだ続きますので、体調管理に気を付けたいと思います。




本日の発言者:山川
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

ラジオの魅力

毎週金曜にFMおとくにのタックスアワーを楽しく聴かせてもらっていますが、最近この機会に初めてラジオの良さを知りました。

ラジオといえば、タクシーの中で聞こえてくるか、防災時の備えにというくらいの認識で、情報を得るのは、テレビネットが中心です。ところが、ラジオの音だけに集中して内容を聴くということは、視覚に頼らず脳を働かせているせいか、より話が理解出来ているような気持ちになります。

ラジオで音楽番組、トーク番組、競馬中継を聴くと、先が読めない展開に想像力が膨らみ、より内容が楽しめることもあると思います。
今はスマホのアプリでも聴けるようになり、タイムフリー機能で過去番組も聴けるなど身近に聞き流せるので、忙しい毎日のちょっとした時間に何かをしながら楽しんで利用したいと思います。




本日の発言者:松山
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

厚生労働省の簡易生命表

今日は、厚生労働省が毎年更新している「簡易生命表」の話をしたいと思います。
正月、実家に行って家族で話をしていたら今年の1月に79歳になった母親が
「私は、あと15年は生きたい」と言いだしました。
はいはい。まーその意気や良し、せいぜい長生きして下さいねと笑い話で終わったのですが、
後日、実際に平均余命って何年位なのかなとインターネットで検索すると、
厚生労働省の簡易生命表に辿り着きました。

これは、毎年更新され、ニュースとなる日本人の平均寿命(=0歳児の平均余命)の根拠となる資料ですが、それによると、平成29年の79歳女性の平均余命は12.59年とあり、健康かどうかは別として母親が言っていたのは突拍子な事でも何でもない事がわかりました。

あと、これには各年齢別の死亡率や生存率等も記載があり、見ていると非常に興味深い数字が載っています。例えば、生存率でいくと男性の60歳が約93%、70歳が約84%、80歳が約64%、90歳でも約26%あります。また女性では70歳が約92%、80歳が約81%、90歳が約50%と驚異的な生存率となっており、漠然と日本人が長生きする事は知っていたのですが、ここまで具体的な数字は恥ずかしながら知りませんでした。

これを見て思うのは、若い時の不測の事態による死亡に備える事も大事ですが、長生きによる経済的なリスクに備える事はもっと大事だという事です。それを考えると私達は掛け損とか、貰えないとか言われていますが、公的年金は、超長生きする事に対する保険だと考えるとありがたい商品といえます。また、出来るだけ長い期間収入を得る為に、また高い医療費等を支出しなくても良いように、健康でいられるように努力をしなくてはいけないと感じました。




本日の発言者 林田
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

貯蓄できる人になるために、やってはいけない3つの「ム」

お金を貯めるための第一歩は積立貯蓄です。積立貯蓄には、裏技や逆転ホームランはありません。地道にコツコツ、継続は力なり。地味な作業を長期に続けることが資産形成の王道になってきます。

そこで、積み立てを長く続ける際に、やってはいけない3つの「ム」があります。

お金をためられない人には、この3つの「ム」が多すぎる傾向があるそうです。

1つ目の「ム」は、「ムリ」。無理な金額で積み立てを始めないことです。
お金を貯めようと肩に力が入る、あるいは焦るあまり、年間予算やキャッシュフローを逸脱した金額で積み立てを始めると長続きはしません。

積み立ては地味なものなので、細く長く続けるためのスタイルを確立することが大切です。
無理した金額で始めてしまうと、途中から積み立てを減らすことになり、結果としてお金が貯まらないという負のスパイラルに入り、計画が挫折してしまいます。

挫折しないためには、無理のない金額で始め、慣れてきたら積み立てを増額して残高を増やすスピードを上げ、ますます頑張る気力を湧かせるというポジティブな思考になることが大切です。

2つ目の「ム」は、「ムダ」です。例えば、積立をどこの金融機関で始めようかな、どの商品で始めようかな、など必要以上に悩むのではなく、1日でも早く始めることが大切です。悩めば悩むほど積み立てを始めるのが遅くなり、目標に達成する時期も遅くなってしまいます。

最後の「ム」は「ムラ」です。今月は5万円、翌月は3万円、その翌月はゼロ、次は4万円など、積み立ての金額にムラがある人には、お金が貯まらない傾向があるようです。お金を貯めるには、決まった金額を決まった日に積み立てることが基本です。また残ったお金を積み立てるのではなく、最初に積立貯金に預け替え、残ったお金で生活するのが鉄則になります。

ここまで、お金を貯めるための基本をお伝えしてきました。私も含めて、これまでなかなかお金が貯まらなかった人は、この「ムリ」「ムダ」「ムラ」に気をつけて貯蓄できる人を目指してみてはいかがでしょうか。





本日の発言者:松本
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

RECENT ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ

ARCHIVES
過去の記事